ぼんやり目元で老け顔に?家でできるエイジングケア

何だか老けたかも?そう感じたなら、目元が原因かもしれません。

というのも、最近、私にもそう感じたことが、あったからなんです。

このあいだ、長女(20代)と出かけたときにスマホで写真を撮りました。

何枚かとった画像を見て、ん?と思いました。

写真自体は、背景もキレイに取れているのですが、自分の顔がボヤけてみえました(-“-)

となりが長女なので余計にかもしれませんが、全体的にぼんやりしているというか、顏が疲れているというか・・・。

特に目元が流れているような、はっきりしない感じ、目も小さく見えました。

老けて見える原因は、これ!と、一つではなく、肌の状態や体調なども関係していると思います。

ただ、目元がはっきりしない、垂れ目になってきたなど、自分でも目元の変化を感じていたので、老け顔の原因は目元の状態が大きいかも、そう思いました。

ぼんやり目元の原因は?

なぜ、ぼんやり目元になってしまうのか?調べて見ました。

目チカラが弱くなった、目が小さくなった感じがするなど、目元の印象がぼんやりしてしまうのは、加齢による目元のたるみが原因の1つのようです。

年齢を重ねてきて、顔全体の肌のハリもなくなってきているし、下がってたるんできてもいるので、目元のたるみも加齢のためというのは、何となくわかります。

目元のたるみ、まぶたのたるみの原因は?

目元のたるみ、まぶたのたるみの原因を調べて見ると・・・

・加齢により、目元の筋力のおとろえによるたるみ。

まぶたがたれてくることで、視野が狭くなったり、目が小さくなったと感じたりすることも。

・PCやスマホなどの普及により、まばたきの回数の低下などにより、目の周りの筋力の衰え。

・目の下の脂肪、眼窩脂肪(がんかしぼう)が、加齢により、段々と飛び出すように膨らんでくるため。眼窩脂肪が影となって、くまのように見えることも。

・外気や室内などの乾燥も、肌内のハリを支えるコラーゲンやエラスチンが変化し、弾力が失われる。

・うるおい不足、血行不良など。

目元、まぶたのたるみの原因は、さまざまありますが、自分で気を付けたり、ケアできるものもあります。

ぼんやり目元の対策は?

年齢を重ねてくると、肌や見た目の変化は自然なことですが、自分でできるエイジングケアはしておきたいですよね。ここでは、家で毎日できるケアについて調べて見ました。

目元の皮膚はとても薄く、肌内部の状態が反映されやすいパーツです。

また角質が薄く、バリア機能が低いので、影響(外気の乾燥、生活の習慣、加齢など)を受けやすいのです。

なので、目元は専用アイテムを使い、優しく正しくケアするのがポイントです。

・クレンジングは、アイメイクと良くなじませ、滑るようにふき取りましょう。ゴシゴシこすったりはNGです。

・アイクリームをスキンケアの最後にプラス。力を入れ過ぎずケアしましょう。小じわやハリの対策になります。

・目元専用のアイマスク、シートマスクは乾燥ケアに。

・アイシャドウやアイライナーなど、メイクの仕方などでも、ぼんやり目元の対策が出来ます。

私は、今までほとんど使ったことがなかったので、取り入れて見ようと思いました。

ただ、これもやりすぎは、かえって老けた印象になったり、アンバランスになったりしてしまうので注意ですね。

・目の周りの表情筋のエクササイズやツボ押しマッサージを取り入れることでも、目元のたるみケアができます。

この場合も、強すぎたり、摩擦を与える方法は、かえってしわやシミの原因になってしまうので、アイクリームなどを薄くのばして、滑りを良くしてから行ってください。

ぼんやり目元ケアにはこれ!

また、目元専用の化粧品を使って、集中ケアするのもいいかもしれません。

ぼんやり目元ケアのコスメは、目元専用の美容液 アテニア アイエクストラセラムが魅力的だと感じました。

アイエクストラセラムは、1本で目の下だけでなく、まぶた、目尻など全方位からハリをめぐらせるからです。

また、私も含め、エクササイズやマッサージは、続かないかもと感じる方にも、普段のスキンケアに、美容液をプラスするシンプルケアなら、続けられそうですよね(^^)

目の下のたるみ、まぶたや目尻のケアも出来て、ぼんやり目元ケア出来たら、今より見た目年齢も上がるかもと思いました。

人気のこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

⇒ 目元のたるみにアテニアアイエクストラセラムを使ったら?

スポンサーリンク