【唇の色が悪い】気になるくすみの原因とケア方法は?

唇の色が、気になっていますか?

唇の色が悪いと、顔色も悪く見えるし、不健康そうに見えてしまいますよね。

疲れ顔は、老けたようにみえることも(+o+)

私も、最近、唇の色の悪さが気になっています。

夜メイクを落とすと、血色が悪いのか、紫っぽくくすんで見えて、自分でも体調悪いのかな?と思ったりします。

唇の色は、メイクやリップでカバーしようとしても、今までの色が合わなくて、唇の色に負けてしまうんです。

私はナチュラルメイクが好きなので、ヌーディーなカラーのリップを使いたいのですが、化粧映えしないというか、顔がのっぺりしてしまうんです。

唇のくすみや色は何かカバーできないか、くすみの原因とケア方法について、リサーチしてみました。

唇のくすみ 変色の原因は?

・血行不良による

寒いところにいたり、体が冷えたりすると、爪や唇が血の気が引いたような、紫がかった色になりますね。

血行が良いと赤く、悪くなると紫色っぽく、唇は皮膚が薄いので血流が見えやすく、変化を感じやすい部分です。

体の内外の変化が表れやすい唇は、体の血行を良くすることで、唇の色を良くすることにつながりそうです。

体を冷やさないように心掛けるとともに、食べ物も、体を冷やすものは避け、暖かいものを取るようにしましょう。

貧血気味の場合は、鉄分を多く含む食材を。

レバー、赤みの魚(かつお、ぶりなど)、貝(しじみ、あさりなど)、ひじき、緑黄色野菜などに、良質なたんぱく質(肉、卵、大豆製品、乳製品など)を補いましょう。

鉄の吸収を高めるビタミンC(果物、芋類など)も取りましょう

・紫外線や日焼けによる

肌の一部である唇も、日焼けをしてしまいます。

他の部分に比べてメラニンを作る力が弱く、紫外線のダメージを受けやすいので、UV対策は必要なのです。

紫外線による乾燥や肌荒れ、黒ずんだり、シミになることもあるので、肌と同様、紫外線対策をしておきましょう。

UVリップを塗ったり、飲む日焼け止めを併用すると、忘れがちな部分も対策できますね。

・色素沈着による

唇は、さまざまな刺激により色素沈着し、黒ずんだり、くすんだりして、色が悪くなってしまいます。

年齢を重ねるにつれて、色が悪くなったりくすんでくるメラニンのくすみ、紫外線や日焼け、メイク落としの摩擦、リップの色残りなど。

喫煙される方は、たばこのタール色素の沈着などもあります。

また、リップカラーのタール色素も、色素沈着を起こす可能性があります。メイク落としは、しっかり残らないようにしましょう。

ただ、唇をごしごしこすったりはNGです。落とす時は、唇には優しく、かつ、しっかり落としましょう。

・摩擦による

唇への摩擦も、刺激となりくすみの原因に。

食事の後やメイク落としの時など、唇を拭くときは、優しく落としてください。

また、唇をかむ、なめる、触るなど、唇や口にふれるクセがある場合も、無意識のうちに唇に刺激を与えているので、注意が必要です。

また唇の色が悪さは、体調不良や何かの病気ということも考えられます。

・乾燥による

外気が乾燥すると、急に唇がカサカサになったり、皮がむけたりした経験はありませんか?

角質層や皮脂腺がなく、刺激から守るバリア機能もない唇は、デリケートで刺激を受けやすい部分です。

唇が荒れると、見た目が悪いだけでなく、スキンケアやメイクでしみたり、キレイに仕上がらなかったり・・・。

また、乾燥した状態の肌は、さらに刺激を受けやすくなっているので、もっとダメージが広がる可能性がありますよね。

唇のくすみ 変色のケア方法は?

唇のくすみ 変色のケア方法として、マッサージやパックをするのもおすすめです。

唇の血行ケアにマッサージを行うときは、刺激や摩擦を最小限にするために、ワセリンやリップを塗ってから行いましょう。

指で小さな円を描くように、優しくマッサージします。

力の入れ過ぎや、やり過ぎには注意です。

体の血行が良くなっているお風呂上りなどに行うのが、おすすめです。

また、くすみや黒ずみの原因にもなる唇の乾燥には、油膜でカバーするパックがおすすめです。

薬用のリップクリームを塗った唇にラップパックしたり、はちみつやワセリンを使ったパックなど、身近なもので簡単にケアできますね。

唇のくすみ原因とケア方法 まとめ

気になる唇のくすみ、原因とケアについて調べて見ました。

唇も肌の一部なので、刺激や摩擦を抑えながらケアするのは同じですが、デリケートな部分なので、さらに気を付けたいと思いました。

色々とケア方法も紹介しましたが、もっとシンプルな唇ケアとして魅力的だなと思ったのが、リプラオールです。

リプラオールは、唇のくすみ対策美容液ですが、くすみケアと同時に乾燥や潤いケアも出来るからです。

ぷるんと透明感のある唇のためには、色だけでなく、潤いケアも大切だと思います。

潤いケアされた唇からは、清潔感やオシャレで上品な感じなど、印象も違うので、1つで色々な唇ケアができるリプラオールを使ってみたいと思いました。

唇のケアをしていって、透明感のある唇になったら、淡いカラーやヌーディーなカラーのリップも使えるかもと、楽しみになってきました(^^)

こちらの口コミ記事も読んでみてくださいね。

⇒ リプラオールの口コミ!唇のくすみが目立たなくなるのは本当?

スポンサーリンク